先日、羽田空港国際線ターミナルに行った際、ついついシャワーを浴びたくて、2階到着ロビーのカフェ近くにある「シャワールーム」を借りてみました。

施設名はそのまま「シャワールーム」

1030円/30分・予約不要で利用できる

料金は1人30分1030円(税込)で、退出が遅れると15分ごとに520円(税込)が発生します。また、予約などは不可で個室は14室あります。支払いは、iDや交通系IC、楽天Edyなどが利用できます。

部屋はA~Nまであり、受付で鍵を渡される
扉にもアルファベットが書いてあるので、指定の部屋へ行く

タオル2種類とドライヤーは用意されている

部屋に入ってみると、2畳分ぐらいのスペースが待ち構えています。扉が入ってからすぐに着替え&洗面台で、その奥がさらに扉がありシャワー室になっています。付属のアメニティーであるタオルはバスケットに入っています。タオルはバスタオルとハンドタオルの2種類がありました。ちなみに、床には足拭きタオルがすでに敷いてあります。

大きな鏡のある洗面台
バスケットの中にあったタオル2種類。ビニールでおおわれている
左手側にはドライヤーがあります。わずかな時間ではありますが、コンセントがあいているのでスマホなどの充電にも使えるかもです。

シャワールームには石けん類が用意

シャワールームも1人で使うには十分問題ない広さです。シャワーとともに、右手側に石けん類が用意。上段からボディーソープ、シャンプー、コンディショナーとなっています。それぞれ資生堂のものが使われているようでいい匂いかつ、泡立ちもよかったです。

シャワールーム
ボディーソープ
シャンプーとコンディショナー

シャワーの温度は中央のノブを回すことで調節可能です。右に回すと温かくなりますが、回しすぎると結構熱くなるので要注意です。

自分は40度ちょっと超えたくらいがちょうどよかったです

シャワー後はとなりのカフェでドリンクをもらおう

洗面台の前に椅子があるので、やろうと思えば時間いっぱいまでゆっくりすることもできますが、少し手狭でもあるので僕はシャワーを浴びて身支度をしたら(だいたい20分弱)すぐに出てしまいました。

そのあと、料金支払時にもらった「ドリンククーポン」はシャワールームの外にあるカフェで利用できます。ドリンクなら何でもオーケーというわけではありませんが、温かいコーヒーや冷たい烏龍茶など数種類の中から選ぶことになります。

シャワー受付時にもらえるクーポンは外のカフェで使える

家の近くの銭湯の入浴料を考えると30分1030円はやや割高に感じます。ただ、飛行機の到着後・出発前にサクッと入れる点やクーポンがついてくることを考えると、満足度は十分にあります。また、なんといってもすべてにおいて清潔なものが用意されているのが非常にいいです。

個人的にはくしやひげそりなんてあるといいのですが、「歯ブラシ」「カミソリ」「洗顔セット」は有料で用意されていたようです。旅の途中であれば、自分のものを出すことも可能でしょう。

今後も機会があれば使って見たいと思います。

●関連サイト
羽田空港国際線ターミナル リラクゼーション「シャワールーム」

●Amazon.co.jpで関連商品を買う
折りたたみ 式 ヘアーブラシ (5個セット) | 男性用 女性用 兼用 | 携帯 ヘア ブラシ | 出張 旅行 お出かけ の時 にも 便利 | 櫛 ( くし ) ヘアブラシ

 

羽田空港国際線ターミナルで有料シャワーを借りました

投稿ナビゲーション


Pin It on Pinterest