今年は、生まれてはじめてぼっちな大晦日・元旦を過ごしたのと、職場環境にいろいろあったこともあり、年始のあいさつと今年の目標的なものを書き忘れていました。

というわけで、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

初詣には行きました

さて、毎年恒例の自分のブログでの「所信表明」。ここで少し、昨年のぶんを見返してみました。

去年も年が明けて少し経ってから投稿していますね。しかも、「まだ何をするか決めてはいません」などと書いているあたり、かなり自信のなさがうかがえます。

2016年を振り返ると、職場環境に騒動があったことには触れましたが、一番のトピックは家庭環境の変化が一番大きかったと思います。あまり詳しくは書けませんが、心身ともにショックを受けていましたし、いまも回復しているとはあまり言えません。

一方で、新しいきっかけ、出来事、チャンス。そのようなことも、ありました。結局は、少し足が出るかもしれませんが、まあだいたいプラスマイナスゼロみたいな感じでした。なので、今年は少しでもプラスに傾くような努力をしたいと思います。

仕事にも趣味にもつながる「写真」

2015年8月に買っていた「DSC-RX100M3」

そんなわけで、今年は写真をもっとうまく撮れるようにがんばってみます。理由はカンタン。いまの仕事、趣味どちらにも「写真」を使っているからです。これぞ、一石二鳥!

いままでも、(とくにお仕事のほうでは)手を抜いていたわけではないのですが、「写真は最低限撮れていて、内容がともなっていればオーケー」程度に考えていたのは確かです。割とガチで「ISO感度、焦点距離って何よ」「ボケってどうやってできるの?」ぐらいのカメラの知識しかないので、まずは知識を付けつつ、いざ撮影を、という中でそのことを思い出しつつ、知識を技術に変えていきたいです。

「じゃあ、良い写真って何よ」という疑問もまだ残ります。自分の中では、やはり価値というのは他人からの評価です。記事で言えば、ビュー数やアフィリエイト収入額などです。そこで、これは年末から登録申請はしていたのですが、ストックフォトサービスの「PIXTA」で、旅行や日常で撮った写真を公開・販売することにしました。これで一攫千金!!……というよりは、アクセス数や購入された回数などがわかるので、良い写真の目安にしようと思っています。

ひとまずは手持ちのカメラ「D5100」や「DSC-RX100M3」でボチボチやっていこうと思いますが、値段が落ち着いてきたり、ある程度やっていけるなーと思ったら「α6500(ILCE-6500)icon」とかも手に入れてみたいなと思っている次第……結局、新しいものが欲しいだけかもしれません。

●ソニーストアで買う
デジタルスチルカメラ DSC-RX100M3
icon
icon
icon

●Amazonで買う
いきなり思い通りに撮れる! デジタル一眼レフカメラと写真の基本BOOK

 

2017年は少し写真に凝ってみる

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest