87CLOCKERS 『のだめカンタービレ』の作者・二ノ宮知子が送る“オーバークロック”を題材にしたコミック『87CLOCKERS』を読み始めました。Reader Storeで買って読んでいるので、現在は2巻まで読みました。

 自分も今年のあたまに自作PCに初挑戦し、そのとき“オーバークロック”って単語がやっぱり頻繁に出てきて興味はありました。結局、自分はあまりその楽しさが見いだせなくて『Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770【BOX】
』を買ったわけです。作中では、PCのことを何も知らない草食系男子な音大生が、一目惚れした相手にいいところを見せようと、“オーバークロック”の世界に進んでいく様子が描かれています。

 “主人公はど素人”という設定なので、CPUからメモリー、GPUなどの初歩的な用語や知識も非常に分かりやすく例えられたり、面白く描かれているので、自作やオーバークロックに興味が今はない人でも楽しめると思います。

 紙版だと定価の590円ですが、電子版だとだいたい370円前後。この気軽に買える値段設定が読み始めた理由のひとつでもありますね。

●Reader Store検索結果
87CLOCKERS

●紙媒体で買う

●Kindle版

●Kinoppyで買う(Reader非対応)
 
ヤングジャンプコミックス改 87CLOCKERS 〈1〉
ヤングジャンプコミックス改 87CLOCKERS 〈2〉

87CLOCKERSを読み始めました

投稿ナビゲーション


87CLOCKERSを読み始めました” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest