buffalo_photo1 EP-805Aのモニター期間が終了する間際、インクが余ってしまったので、演劇部の写真や正月の写真を一気に印刷してみました。その際、なくなるのはインクより写真用紙の方が早かったようで、ビックカメラでバッファロー製の『プロフェッショナル写真用紙』を購入しました。

 本当は、純正インクをちゃんと使っているのですから、純正の写真用紙である『EPSON 写真用紙[光沢] L判 400枚 KL400PSKR』などを使うほうが品質的にも最高です。けれど、ふとバッファロー製が目に入ったのと、サードメーカー製ならほかのプリンターにも使い回しできるので、試してみることにした次第です。

buffalo_photo2
 テストで使用したのはこちら。(ブログアップ用に圧縮してあります)正月に芝大神宮でQ10を使って撮影しただるまの写真です。iPhotoでトリミングをしただけで、色調などはいじっていません。

buffalo_photo3
 エプソンの純正用紙といっしょに印刷して、一部を拡大してみました。まあ、カメラで一度撮影しているのであまり比較はできませんが、目で実際に見てみると特に違いは見られません。厚みも大して変わりませんし概ね問題なしといった具合です。

 値段的な比較をしてみると、記事執筆時(2013年1月15日0時47分)だと、『EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢> L判 100枚 KL100SCKR L判 100枚 KL100SCKR』は1164円(定価:1800円)。バッファローの方が1328円(定価:1386円)。定価はあきらかに純正の方が高いのですが、Amazonで買うなら無理してサードメーカー製品を買う必要ないかもしれませんね。

 みなさまも、写真印刷の時は“写真用紙”を見直してみてはいかがでしょうか。

●関連サイト
エプソン『EP-805』の製品ページ

●バッファロー製『プロフェッショナル写真用紙』を買う

●本体を買う

バッファロー製『プロフェッショナル写真用紙』を試してみました。

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest