皆さんは何かものを買うために店を選ぶ時、どんな基準を自分の中で定めていますか? 自分は『ポイント』をかなり重視しています。集めているポイントは『Tポイント』や『Ponta ポイント』など代表的なものもあるのですが、今回話題にしたいのは『Kinokuniya Point』です。

『Kinokuniya Point』とは?

紀伊國屋といえば、、といっても、地域ごとに結構同じ名前のスーパーとかあったりしますが、今回は本屋の紀伊國屋です。まあ、その紀伊國屋で貯まるポイントです。普通の本や雑誌、マンガは100円毎に1ポイント。洋書、CD・DVDは100円毎に2ポイント。貯まったポイントは1ポイント=1円
として利用できます。

誕生月は通常ポイントが2倍ついたり、対象書籍や期間限定でよくキャンペーンをやっています。参考書など何千円もするものも多いですし、割と貯まりやすいと思います。

『BookWeb』とは?

平たく言えば、紀伊國屋のオンラインショップです。AmazonのようにWebで注文して、家まで届けてくれます。また、電子書籍を買うこともでき、こちらのストアーは『BookWebPlus』と呼ばれるそうです。こちらでも『Kinokuniya Point』が貯まります。

ちなみに、PCからアクセスできる『BookWeb』もKinoppyアプリ内の『BookWeb』もUIは違うだけで同じ店舗です。アプリで買っても、Webで買っても同じ場所にポイントが貯まります。

ここでは、実店舗で本を買って貯めたポイントと、電子書籍を買って貯めたポイントを統合してみようというわけです。もちろん、既に実店舗で『Kinokuniya Point Card』はもらってある前提の話です。

やってみた

まず、Web版のポイントをこちらで確認。『スティーブ・ジョブズ 1』を買っていたので、119pts入っていますね。

次に、実店舗でもらった『Kinokuniya Point Card』の残高確認や個人情報の変更などをこちらでできるようにします。

ポイントカードの番号またはメールアドレスとパスワードを入れます。(初回はこちらから無料の会員登録しておきます)

無事、ログインが完了すると実店舗で貯めた分のポイントが表示されます。僕は708pts。この時点でも小説1冊は買えそうですね。

『店舗とBookWebのポイント統合』をクリックして、『BookWeb』で登録してあるメールアドレスとパスワードを入れます。

無事認証されると、合算されます。ポイント数は合計827pts。安めの小説なら2冊買えます……かね。

一応、『BookWeb』側で確認すると、ちゃんと統合されているのが分かります。

総評

やり方さえ分かれば、すごく簡単でした。家の近くに本屋がなく、まとめて買いに行くことが多い一方、そろそろ電子書籍も揃えていきたいなぁと思っていたので非常に嬉しいです。

電子書籍は紙の本より安いか同じ価格ですから、紙の本で読みたい専門書などは実店舗で買って、貯まったポイントを安い電子書籍に使うというのはひとつの手かもしれません。

【AD】紀伊國屋書店が運営するインターネット書店 紀伊國屋書店ウェブストア

実店舗とオンラインストアー『BookWeb』のポイント統合

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest