昨日5月15日(火)に無事千秋楽を迎えた劇団フルタ丸の『オマエの時間くれよ』を見てきました。場所は下北沢シアター711。下北沢には何回か観劇に来ていますが、この会場は初めてでした。

[googlemap lat=”35.662557″ lng=”139.67032″ align=”undefined” width=”450px” height=”300px” zoom=”18″ type=”G_NORMAL_MAP”]東京都世田谷区北沢1丁目45−15[/googlemap]

 フルタ丸さんの公演は確か通算5〜6回目くらいだったと思うのですが、とうとうアンケートの「見たことある公演は?」の欄を全部埋められるレベルになりました。次回からは「それ以前の公演」にもチェックを入れられるようになります。

 感想はというと、今回はとても複雑なお話でした。時間をテーマにしたSFものと思いきや、孫請けの零細企業の様子やその新人の心理描写も含まれ、現実とフィクションが良い具合に入り交じった感じ。

 ただ、どちらの側面にもテーマとして「時間とは?」とか「時間の価値って?」といったテーマがあり、うーんと考えさせられ、そして考えていたら劇中でストレートな答えをもらえたような気がします。

 特に心に残ったのは、集団のひとつの歯車になろうという決意を表した台詞。自分にはそう思える集団が複数あり、また今のように新しい場所で新しいことをやりはじめることに不安を感じていたので、余計に感情移入ができました。

 また、今回はフルタ丸初のトークイベントを実施。『演劇ぶっく』の副編集長の方と主宰のフルタジュンさんが舞台にあがりました。ここでしか聞けない裏話などを聞けたので、次回もこういう機会を設けてくれることを祈っています。

 フルタ丸の今度の公演は8月31日から9月9日にある第19回公演。この第19回公演がフルタ丸の10周年記念公演にあたるそうです。今度もすごく楽しみです。

●関連サイト
劇団フルタ丸公式ホームページ

劇団フルタ丸第18回公演『オマエの時間くれよ』観劇

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest